【オープニング大セール】 全巻セット 【中古】 (1-45巻全巻)/送料無料/ サザエさん[文庫版]-全巻セット(青年)






※土日祝は出荷がございませんので、ご注意ください。
※あす楽での配送が×の商品はあす楽に対応しておりませんのでご了承ください。

状態:出来る限り状態の良い商品を発送させて頂きます。
古本ですので若干の使用感があります。また、発行から年月が経っているものは経年による劣化がございます。以上をご了承の上、ご購入ください。

あらすじ
『サザエさん』は、長谷川町子による日本の漫画、およびそれを原作とするテレビアニメ。また、その主人公である「フグ田サザエ」の呼び名である。


作品解説
原作漫画は新聞連載の4コマ漫画である。1946年(昭和21年)4月22日、福岡の地方新聞『夕刊フクニチ』で連載を始めたが、長谷川が東京へ引越しするために連載を打ち切った。連載開始当初は、台詞がカタカナで書かれていた。漫画の舞台は博多で、サザエは独身だったが、連載を打ち切る時にサザエがマスオと結婚している(福岡時代の最終回とみられる回のオチの部分が、小さいながらも「サザエさんうちあけ話」の作者の回想で描かれている)。長谷川の家族が東京の桜新町へ引っ越した後は、『夕刊フクニチ』で連載を再開。舞台も東京へ移り、マスオが磯野家に同居する。

掲載紙は間もなく『新夕刊』(東京スポーツの源流となる夕刊紙)に移り、『夕刊朝日新聞』(『朝日新聞』本紙とは別扱の新興紙)・『朝日新聞』の夕刊を経て、1951年(昭和26年)4月16日からは『朝日新聞』の朝刊に移る。途中、長谷川の病気が理由で1951年(昭和26年)11月7日から11月14日まで休載されたが、11月15日に連載を再開、また1953年(昭和28年)1月16日にも健康上の理由から同年3月31日まで休載されたが、4月1日に再び連載を再開、その後は1974年(昭和49年)まで無休で連載が続いたが、同年2月21日をもって3年間の休載に入る。しかしその後は連載が再開される事はなくそのまま打ち切りとされた。本作は連載が6477回に及んだ。

本作はいわゆるストーリー漫画ではなく、一貫した舞台、人物が登場する比較的独立したエピソードからなる。新聞連載の4コマ漫画らしく、時代背景を象徴する内容が多いのも一つの大きな特徴となっている。

長谷川の作品の出版は姉妹社が行ってきたが、長谷川の死後の1993年4月に廃業し絶版となり、版権は長谷川町子美術館が継承している。後に朝日新聞社から文庫本(全45巻)と「長谷川町子全集」が出版されている。なお、本作の単行本の出版に際しては、新聞掲載前日に起こった出来事の理解が必要な回、初期連載作品で現在とは登場人物の設定が異なる回、やむをえない理由で不適と判断された回などは省かれている場合がある。なお、朝日新聞社版でも姉妹社版から若干の作品が省かれている。清水勲著『サザエさんの正体』(平凡社、1997年)によると、姉妹社版で連載から省かれた作品数は700点余り、朝日新聞社版で姉妹社版から省かれた作品数は15点である。なお姉妹書に『古きよきサザエさんの世界』(いそっぷ社、2002年)がある。

単行本の発行部数は姉妹社版が7000万部以上、朝日新聞社版が1600万部以上に達する。日本の新聞連載漫画としては最大のベストセラーである。妹・長谷川洋子による回想記『サザエさんの東京物語』(朝日出版社、2008年)がある。

アメリカでも、『The wonderful world of sazae-san』というタイトルで翻訳出版され、人気を博した。その際一部のコマが反転されている。・・・・、続きはコミックで



─Wikipedia参照─


人気ランキング

新着作品

映画化・アニメ化した作品

レビューの多い作品

ロングセラー作品

カテゴリ:【人生】 【家族】 出版社:【その他出版社】 タイトル:【「さ行」から探す】
IRサイト自動更新・構築支援サービス E-IR

【オープニング大セール】 全巻セット 【中古】 (1-45巻全巻)/送料無料/ サザエさん[文庫版]-全巻セット(青年) PRONEXUS SUPPORT  新しいウインドウで開く

財翻